鼓代 弥生さん パリのギャラリーで展示



札幌市在住の鼓代弥生さんが2013年6月7日~8日、Galerie choiseul(ギャラリーショワゼル)にて開催中の「北海道アーティスト展 in Paris」に参加。自身の作品展示を行った。

【開催場所】 Galerie choiseul/7 Passage Choiseul, 75002 Paris, フランス

鼓代弥生さんは木版にペンキ・アクリル絵の具で色彩を施し、彫刻刀で彫って仕上げ、不思議な彩色をする「ぬりぬりほりほり」アートの製作者。ワークショップや道内の展示イベント、ライブイベントもいままで手掛けているが、ヨーロッパでの作品展示は初めて。その温かみと不思議さの同居する作風には年齢をとわず熱心なファンも多い。

催場所であるGalerie choiseul(ギャラリーショワゼル)はパリ市2区、商業地区ともいえるオペラ地区の中心部付近にある。レストランやカフェ、装飾品店やブティックの立ち並ぶ綺麗目なアーケード内にあるために、平日でも学生やビジネスマン、家族連れが多数いきかうにぎやかな場所だ。

そんな中、通行人はギャラリーの窓から見える鼓代弥生さんの作品に目を留める。個性ある不思議な作風はやはり道行くの興味をひかずにはいられないようだ。店内に足を踏み入れた方々は多言語スタッフから説明を受けながら、作品を鑑賞したり、鼓代さんのプロフィールに興味を示す。

「これはどのようにつくっているの?」「この漢字の意味は何?」「色の出し方がとても綺麗で美しい。」「いままであまりみたことのない作品だ。アーティストはどのような女性なのか?」

訪問者からの質問は尽きない。特に好評だったのが般若心経シリーズ。やわらかな色合いの中に浮き出る漢字の数々はフランス人の感性を刺激して楽しませる。漢字そのものもアートではあるが、フランス文化にはない「涅槃」や「色即是空」に秘められた意味を理解しようとすることも知的な冒険としては刺激的だ。年配のご夫婦はとくにその説明に耳を傾ける。

その他、ポストカードなどの売り上げも好調で、彼女へのお土産に買って帰るフランス人学生や、記念に購入するドイツ人夫婦が見受けられた。その紋様の多様性と鮮やかさは選ぶ行為をも楽しませる。

さまざまなポストカードの中から自分の気に入ったゆっくり図柄を選ぶ様はなんともほほえましい。


ギャラリーや展示会に訪問した際は、なにか新しい発見や新鮮な刺激があることが貴重だと思う。

今回のパリ展示を1つのきっかけに、今後も鼓代弥生さんのヨーロッパ展開に大いに期待したいと思う。