【超勤手当(フランス労働法)】

【超勤手当に関して】 

サルコジー法によって企業の超過勤務に対しての所得税非課税、社会保険料軽減が 
2007年秋より実施された。またこれによって従業員の超過勤務に対する条件も変更される。企業によってはフレックスタイム制、年間定時間労働制、年間定日労働制等が適用されているために、超勤手当の計算は非常に複雑になる。また労働時間などの法令を遵守していない場合、この恩恵は適用されない。 
企業による労働時間の虚偽申請、ボーナスを超勤手当として支払うなどの不正粉飾 
行為が予想されるため、当局の監査は厳しくなると予想される。 

超過手当は時給の125%になる。例えば時給20Euroの従業員が 
月に10時間残業をすれば、超過手当は250Euroとなる。また超過手当ではなく、代休で 
支払う方式もある。(この辺りの%やルールは変更されていない。) 
上記は一般例であり、業種、夜間、週末の超過勤務に関しては別のルールが適用 
される。詳しくは自身の雇用契約書、社内規約書、業界規定書を参考にすべきである。 

※計算方法が変わっただけで、年間残業総時間枠は変わっていない。 
それを超える場合には労働監督局の許可が必要である。 
※基本的に残業は雇用主の指示によるものとされる。従業員の意思で残った場合は 
残業には計算されない。 

★フランスの労働法は確かに厳しいようだが、最近は日本でも過労や超過残業が 
問題視されており、各企業への監査が増えている傾向にある。