【フランス育児休暇(男性版)】

【フランスの育児休暇(男性版)】 

フランスでは男性でも育児関連休暇を取得可能です。 
一般的に育児休暇は11日間、出産休暇は3日取得できるようです。 
両者は連続で取得することもでき、出産後4ヶ月以内にとることが 
必要とのことです。連続取得の場合、最大14日間の休暇となりますね。 

必要な書類は妊娠証明書(出産予定日を記載されたもの)か 
出産証明(le certificat de la naissance)やLIVRET DE FAMILLE 
などが必要です。上記に加えて休暇申請書を上司に休暇開始予定日 
一ヶ月前に提出して許可をもらうことになります。 
※勿論会社によって多少の差異はあります。 


また下記に産後に必要な手続きを記載します。 

========================== 

1)産後の手続き 

■産後の入手必要書類 

-Act de naissance(市役所の出産証明) 
・・・出産後、市役所担当者が配布(コピーを多めに貰うべきです) 
-Bulletin de situation(病院の入退院証明)・・病院の担当者に申請 
-Demande du complement de libre choix d’activite(児童手当申請用紙) 
・・CAFにて申請 
-Attestation du premier certificat de sante(健康手帳の証明書) 
・・病院の担当者に申請 
(carnet de santeの中の青い用紙) 
‐ carnet de sante・・病院の担当者に申請 
-impot sur le revenu 2005(税務署への申告用紙) 
・・毎年税務署から郵送されてきます。 


■各種届出先 

・セキュリティソシアル・・国民医療保険加入のため 
-Act de naissance(市役所の出産証明) 
-Bulletin de situation(病院の入退院証明) 

・CAF・・家族手当センター・・育児手当受給のため 
-Act de naissance(市役所の出産証明) 
-Bulletin de situation(病院の入退院証明) 
-Demande du complement de libre choix d’activite(児童手当申請用紙) 
-Attestation du premier certificat de sante(健康手帳の証明書) 
(carnet de santeの中の青い用紙) 
-impot sur le revenu 2005(税務署への申告用紙) 

・出産した病院の受付・・退院手続きのため 
-Act de naissance(市役所の出産証明)コピー 
-Attestation du S,S(セキュリテソシアル証明書) 

・出産した地区の市役所・・新生児の戸籍登録(3日以内)のため 
-Livret de famille(家族手帳) 
*Act de naissance(市役所の出産証明)を数部もらうこと。 
※大きな病院の場合は市役所担当者が病室まで来てくれます。 

・日本大使館・・日本戸籍登録のため(3ヶ月以内) 
-Act de naissance×2部(市役所の出産証明) 
-日本の戸籍謄本(必須ではない) 

届出には用紙記入のため1時間程度を要します。 
また大使館は昼休み(13h~14h30)があるので御注意下さい。 
注;出産区、市、年度によって必要事項が異なる場合がありますので 
担当部署に確認された方が宜しいです。 



2)育児休暇申請フォーマットについて 

育児休暇申請用紙のフォーマットがあります。 
希望者が多い場合、他の機会にUPするかもしれません。 


■補足説明 
出産休暇(3日)は平日に取得、 
育児休暇(11日)は土日分もカウントされます。 
例として土日を一回挟むなら実質9日の休暇になります。