【フランスの給与におけるボーナスとコミッション】

【フランスの給与のおけるボーナスとコミッション】 

1)ボーナス 

フランスは年棒制(提示年収を12ヶ月で割る)ですが、ちゃんとボーナス制度もあります。 
以下に代表的なものを掲げます。 

●業績ボーナス 

業績に応じて個々人にボーナスが振り込まれます。 
年1回の場合もあれば年2回の場合もあります。 
この配分は部署や個人への査定によっても違うので、基本月給の 
50%だったり、150%だったりと様々です。 
会社の規定にもよりますので、ケースバイケースです。 


●13ヶ月目 treize mois 
13ヶ月目というのはフランスでの年間給与における1か月分のボーナスです。 
月給は12ヶ月ですが、「13ヶ月目」として1か月分の給与が支給される 
オプション制度です。 
人事担当者が「弊社には13ヶ月目がありますよ。」といえば、 
これはこのオプションサービスがあることを意味しています。 

※ちなみに、上記の業績ボーナス以外の臨時ボーナスなどもあります。 


2)コミッション 

コミッションは販売手数料・インセンティブのことです。 
これは日本でも営業系会社であればありますね。 

売上げ(または利益)に応じて5%とか10%の付加給与が月給に付与されます。 
これはフランスでも営業系の職種に多いのですが、問題は業種や社風に 
よってコミッション対象や計算方式が異なることです。 
例としてA社の営業員は売上げの20%をコミッションで授与できるが、 
B社の営業員は5万Euroの売上げがあっても利益が5000Euroであれば 
5000EuroのX%しかコミッションを受け取れません。 
またC社の営業員は毎月コミッションを受け取れますが、D社の営業員は 
4ヶ月に一度しかコミッションを受け取れないといった具合です。 


※コミッションによる業績評価職種(営業や企画)がよいのか、 
固定給+ボーナスによる職種(総務など)がよいのかは、人次第ですね。 

※誤解されがちですが、コミッションとボーナスを併用している会社もあります。 
2つは追加給与のオプションの種類に過ぎないので会社側は両方を 
選ぶことも可能です。 


※ただ基本的には年収総額がいくらぐらいになるのか? 
という部分が大事なので、従業員にしてみると 
ボーナスや13ヶ月目、コミッション方程式はあくまで1つの目安ですね。