【芸術の森・ファノン展】

札幌ビエンナーレプレ企画の展覧会第2弾です。

弊社AT-PLAN社はプレ企画実行委員会事務局として会議や議事録作成、館内スタッフとして参加しました。

欧州からの招聘アーティストに加えて、カスタムバイクや痛車などが美術館で味わえます。広大な森の中の美術館で、池の鴨をみながらちょっと散歩もできるのがまた良いです。http://www.artpark.or.jp/programs/art/


芸術の森ファノン展入り口は自然に恵まれた森の中という絶好のロケーションー 場所: 札幌芸術の森美術館
痛車やカスタムバイクもあり。ディスプレイもなかなか格好いいです。熊のアートはルーマニアのシルベストルさんの作品。人だかりができてます。

ドイツから来たトーマスノイマン氏の作品では、誰もが日常でスーパースター気分を味わえるというアート作品でした。ステージに上がると歓声やフラッシュに満たされるギミックがあります。

近未来メイドカフェもあり。メイドカフェがパリのシャンゼリゼにイベント展開されたこともあるように、これも日本の文化ですね。
同時開催された国際シンポジウムもありました。

ー11