【フランスでの法人設立】

【フランスでの会社設立】  2009年記載

統計では会社設立手続きに要する期間は、フランスが世界的に 
もっとも簡素化されているようです。 
その理由は全ての手続きがCFE(企業手続きセンター)にて一本化され、 
かつオンラインでも申し込み可能であるからです。 
※実際にはいろいろな意見もありますが。 

■一般的な手順 

①ビジネスプランを決め、規制がかかる業種かどうかを確認。 
ADIE,ACCREなど起業援助がないかも調べる。 

②自分の会社の形態を決める。(EURL,SARL,SASなど) 

③定款と詳細規則、最初の役員の任命書草案の作成。 
詳細規則には、会社名、会社の目的の定義、登記住所、会計監査人の身元、 
最初の役員の氏名が必要。 

④会社の住所を決める。事務所契約をするか、自宅を使用する手続きを 
進める。 

⑤パリ商工会議所に行って、『必要書類のリスト』と『会社定款用紙』を購入。 

⑥法人用銀行口座を開設。 

⑦資本金を法人口座に受領し、定款、細則 
および最初の役員の任命書に署名。 

⑧会社設立書類および最初の法的代表者の氏名を 
企業手続きセンターCFEに届け出する。 
※補修正がある場合やり直し。ない場合、⑨へ進む。 


⑨ 企業手続きセンターは、受け取った情報を 
税務署、 
国立統計経済研究所INSEE(APE/Siret番号など)、 
社会保険庁 URSSAF 
商事裁判書記局(会社登記データベース及びRCS登録) 
に回付。 

⑩商業・会社登記番号 (INSEE番号) を取得。 

⑪ 商事裁判書記局から設立関係書類とK-bis抄本(会社登記簿)を取得。 
※URSSAFから社会保障書類受領 

⑫その他: 
※外国従業員のための労働管理局および移民局への手続きは、 
当該従業員の入社前に行うこと。 
※場合によっては法定新聞に広報を出す義務がある。 



●補足事項:.設立手続きの一般的公的費用 
設立手続きの費用は、84Euro、これに法定公告新聞 
での公告費用230Euroが加わります。 


●関係情報: 
パリ商工会議所(CCIP) http://www.ccip.fr/ 
・対仏投資庁 http://www.invest-in-france.org/japan/ja 
・ASSISTANCE FORMALITE:会社設立サポートサービス(約60Euro) 
・APCE 起業家情報サイト: http://www.apce.com/ 
・inforeg パリ商工会議所内サイト http://www.inforeg.ccip.fr/