【フランス駐在員ビザ】

【駐在員ビザ】 

サルコジー法によって駐在員ビザのシステムが変わりました。 

今までは駐在員ビザは1年更新であり、長期滞在の方の場合は 
それを3-4年更新し続け、次に10年カードに申請・書き換えるというやり方が 
一般的でした。この申請も3年でできる人もいれば5年かかる人もいたりと、 
ケースバイケースだったので、多数の駐在員の方は毎年、苦労しながら 
ビザ更新を余儀なくされていたのです。 

ところが今度の新駐在員ビザは3年有効になりました。 
これによって毎年の書き換えという手間が省略されたのです。 
会社によって異なりますが、3年くらいのビザであれば短期駐在には 
充分な年数といえましょう。 
これで毎年、一日以上の日数を移民局に費やす必要はなくなります。 

これはサルコジー法の理念の1つ「不法な移民には厳しい対応を 
行うが、海外からの有能な人材は積極的に協力する」という姿勢 
に合致しています。 

ところがこの3年の新ビザには一般に知られていない裏ルールがあります。 
それはこの3年もの駐在員ビザから10年カードへの申請・書き換えが 
できないということです。そのため、3年以上の長期駐在が考えられる 
方(企業)は別の方法を考える必要があるのです。 

他の規則もそうですが、大体新しい便利なルールができると、 
同時にデメリットともいえる裏ルールがありますね。 

(2008年11月現在)