【中東出張(アブダビ・ドバイ)】

【 Abu Dhabi International Airport 】
中東業務はアブダビ国際空港からスタート。アブダビ首長国国営のエティアド航空会社の本拠地であり、2008年10月には第2滑走路、2009年1月にはターミナル3が完成。受入可能な年間利用客数は、4000万人に増加するとみられている。
冬なのに34℃くらい。白い布で着飾ったCAやブルカの方が多数いる。キャリアアテンダントや従業員の制服にはやはり自国の文化主張を感じさせてくれる。数多くのブランドショップの他には礼拝所もあったりする。





























アブダビは裕福な国だが、駐在員、作
業員含めてドバイ方面への出張が多い。そのため都市間高速バスが何便も運行されていて、人の流通を支えている

オフィスレンタル会社や英国系の経営者とミーティングをすませる。日本からの出張者は少なく、かつ北海道から来る人は皆無なのでそれなりに喜ばれる。さらに中東のアラブ諸国はヨーロッパの人にとっても未知の場合が多いので、そのぶん仕事をするには面白いマーケットといえよう。
仕事の後は少し海で泳いだり、軽く用事を済ませてからケバブ屋さんで食事。マンゴーやピスタチオアイスの多彩な不思議カクテルがたくさんありましたが、この辺の色彩感覚はアジア、欧米ではみない感覚で嬉しい。

















【ドバイ出張】

ドバイ首長国都市部。アブダビ首長国から国際バスで移動
。高層ビルが立ち並び、地下鉄が走っています。近未来的な都市景観が印象的です。地下鉄といってもこれは巨大な鉄道ですね。移動中も開発地域や建築中の建造物が多数見受けられます。

世界最高の高さといわれ、ミッションインポシブルにも出た
 
Burj Khalifaですが、現在はそれよりも高い超高層ビルが建設予定みたいです。


























【Palm Jumeirah】


ドバイ沖合いに造られた、ヤシの木(パームツリー)の形を模した人工島群。 世界で最も大きな人工島。日本企業も海底トンネルやモノレール事業などに参加しているようです。先端にはホテルアトランティスがあります。











































世界有数の高級リゾート地・パーム・ジュメイラ先端にある、 アトランティス・ザ・パームリゾート内にある水族館 The Lost Chambers。 ドバイでも有名な五つ星の ホテルです。 ポセイドンカフェはエイや深海魚を見ながらくつろげます。観光客のほかに出張のビジネスマンもばBarやカフェで多く見受けられます。









































P01312